性病検査の重要性について

当院で行う検査

検査の種類

尿検査 性感染症のご相談に来られた方には、必ず尿検査を受けていただきます。基本的にご来院される度に行いますので、排尿ができるよう、ある程度尿を溜めた上でご来院ください。
血液検査 梅毒、HIV、肝炎への感染が疑われる場合には、採血による血液検査を行います。
喉の検査 淋菌、クラミジアなどの喉への感染が疑われる場合には、生理食塩水でうがいをしていただく検査を行います。

検査費用

項目 内容 費用 備考
性病外来
(自由診療)
初診料 4,400円
再診料 2,200円
処方せん代 1,100円
注射代 4,400円 淋病の場合。
薬代(院内処方する場合) 2,200円~ 病気によって異なります。
検査費用 淋菌 3,300円 淋菌とクラミジア、同時検査の場合は5,500円
クラミジア 3,300円
HIV 3,300円 HIV・梅毒・B型肝炎・C型肝炎、同時検査の場合は11,000円
梅毒 3,300円
B型肝炎 2,200円
C型肝炎 3,300円
全項目セット 16,500円 淋菌・クラミジア・HIV・梅毒・B型肝炎・C型肝炎
咽頭検査(淋菌・クラミジア) 5,500円 追加の場合
マイコプラズマ・ウレアプラズマ検査 16,500円 尿・4種類同時同定

※すべて税抜価格です。

治療の流れ

医師の説明風景

ネット社会であるがゆえに、
検査をためらう人が増えています

検査機

インターネットの普及は元より、病院・医院がホームページを持つことが当たり前の時代となりました。性感染症に関する情報もあふれ返っています。
あるサイトに載っている症状が、違うサイトには載っていない、という情報の食い違いがあちらこちらで起こります。ただそれは、「Aさんに現れた症状が、Bさんに現れなかった」のと同じレベルの話であり、そこで『自分はどっちのケースに当てはまるんだろう』と考えても仕方ありません。どれだけ情報を集めても、検査を受けない限り何もはっきりしないのです。
性感染症かもしれない、という疑念を抱きながらの生活は辛いものです。検査を受けて陰性とわかり安心するか、陽性とわかり治療へと切り替えることでしか、その疑念が解消されることはないのです。

経験豊富な医師による正確な検査が、
適切な治療につながります

当院の院長は、日本性感染症学会認定医です。これまで長く現場で性感染症を診療してまいりました。患者様一人ひとりに必要な検査を正確に判断いたしますので、安心してご相談ください。また、不必要な検査を行うこともありません。
当院では、最適な治療法・薬剤も選別の上で積極的に取り入れております。検査結果を踏まえた上で、豊富な選択肢から適切な治療をご提案しております。

正確な結果を、
できるだけ早くお伝えします

一般的に、大学病院などでは検査結果が出るのに1週間程度かかりますが、当院では3日前後で正確な結果をお知らせすることができます。ただし、検査機関のお休みの関係で延びることはあります。

        

まずはお気軽にご相談ください

性病のことでお困りでしたら、大阪市の石川泌尿器科にご相談下さい。
的確な検査・正確な診断・適切な治療を行います。

pagetop