その他の病気について

HIV感染症(ヒト免疫不全ウイルス)

症状

  • HIV感染症の進行過程は、以下のように大きく3段階に分けられます。

  • 感染初期(急性期)

    HIVに感染してから2週間前後で、発熱、倦怠感、筋肉痛、リンパ節の腫れ・痛み、湿疹などの症状が現れ始めます。(これらの症状がまったく現れない、現れてもHIVと気づけないケースもあります。)その後、症状は一旦治まります。

  • 無症候期

    感染初期の後の数年~10年が無症候期です。自覚できるような症状はありませんが、HIVは増殖を続けています。症状が現れないのは、身体の免疫機能の働きによるものです。

  • エイズ発症期

    免疫機能がウイルスを抑えられなくなり、規定された23の疾患のうちの1つ以上を発症すると、エイズの診断がなされます。
    この頃、身体の左右どちらかに、ピリピリした痛みに加え、赤みを帯びた斑点やごく小さな水ぶくれなどが帯状に発現する「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」、咳・痰を伴う「ニューモシスチス肺炎」を引き起こすこともあります。
    さらに悪化すると、悪性リンパ腫、認知障害を伴うHIV脳症といった病気のほか、下痢・全身衰弱・体重減少などの症状も現れます。

病気の特徴

病気の特徴

ヒト免疫不全ウイルスに感染すると、検査によりHIV感染症の診断が下されます。誤解されがちですが、この段階ではまだエイズではありません。免疫機能がウイルスを抑えきれなくなり、規定された23の疾患のうちの1つ以上に罹患したときに、「エイズ」と診断されます。
HIVは比較的感染力の弱いウイルスではありますが、ほかの性感染症と同様、膣性交のほか、オーラルセックス(フェラチオ・クンニリングス)、アナルセックス、素股行為でも感染します。
以前は「死の病」であったHIV感染症/エイズですが、優れた薬の開発と治療法の進歩により、現在ではエイズ発症を長期間抑えられるようになりました。それでも国内のHIV陽性者のうち毎年30%前後がエイズを発症しており、HIV感染症がリスクの高い病気であることには変わりありません。
国内のHIV陽性の新規患者数は近年横ばいで、毎年1000~1200人の方が新たにHIV陽性の診断を受けています。一方で、ある研究では、現在国内では約4000人の人びとが、自身のHIV感染に気づかずに生活しているという推定がなされています。

潜伏期間

HIV感染症後、エイズの発症までが数年~十年と言われています。

検査内容

血液検査(HIV抗体スクリーニング検査・確認検査)で検査します。ただし、正確な結果を得るためには、感染から1カ月以上経過した状態で検査を受ける必要があります。
HIV抗体スクリーニング検査で「陽性」もしくは「判定保留」の結果が出た場合に確認検査を受け、そこで「陽性」が出ればHIV感染が確定します。

治療

抗HIV薬の内服による治療を行います。

性器ヘルペス

症状

性器ヘルペス 症状

潜伏期間の後、小さな水ぶくれのような症状が、性器・肛門周辺に生じます。水ぶくれはすぐに破れ、びらん(ただれ)となります。激しい痛みを伴い、歩行困難に陥るケースも見られます。
その他の症状としては、発熱、脚のつけ根のリンパ節の腫れなどが挙げられます。

病気の特徴

単純ヘルペスウイルスへの感染・発症によって生じます。
膣性交のほか、オーラルセックス(フェラチオ・クンニリングス)、アナルセックス、素股行為でも感染します。
一度感染すると、ウイルスが死滅することはなく、抗ウイルス剤で症状を抑えることはできますが、ウイルスは神経節で生き続けます。それゆえ、再発しやすい性感染症です。
口にできるヘルペスと同様、基本的に症状が現れたときだけ検査・治療が必要です。

潜伏期間

感染から2~10日程度で発症します。

検査内容

視診により容易に判断することができます。

治療

抗ウイルス剤の内服により、治療を行います。
症状が現れなければ、検査・治療は行う必要はありません。

性器カンジダ症

症状

性器カンジダ症 症状

男性の場合、ほとんどのケースにおいて発症することはありません。
極端に免疫力が低下しているときなどに発症し、亀頭の腫れ、湿疹などの症状が起こり、白いカスのようなものが見られることもあります。

病気の特徴

カンジダ菌は常在菌であり、私たちの皮膚、口内、消化管にごく普通に存在しており、性的接触を原因として感染するケースは稀です。ですから、本来は性感染症には分類されません。
男性で症状が現れるケースはほとんどありませんが、糖尿病、末期のエイズ、がんなどによって免疫力が低下している場合、重度の真性包茎や寝たきりなどで性器が不衛生になりがちな場合には、発症リスクが高まります。

潜伏期間

男性の場合、発症することはほとんどありません。

検査内容

カンジダ菌の検出やそれに伴う症状を確認し、判断します。

治療

主に抗真菌剤の塗布により治療します。

トリコモナス感染症

症状

男性の場合、ほとんど症状はありませんが、排尿時の軽い痛みを伴うことがあります。

病気の特徴

寄生虫「トリコモナス原虫」の感染で起こる性感染症です。
膣性交のほか、オーラルセックス(フェラチオ・クンニリングス)、アナルセックス、素股行為でも感染します。
トリコモナス原虫は、ヒトの体外であっても、水気の多い空間で長時間生き延びることができます。そのため、温浴施設・プールなどの水場を介して、あるいは感染者とのタオルの共用などで感染する可能性もあると言われています。
感染が認められた場合、パートナーに感染している可能性の高い性感染症です。ピンポン感染を防ぐためにも、パートナーにも検査をすすめるようにしましょう。

パートナーがトリコモナス感染症の診断を受けたとき

男性のトリコモナス感染症の検査は、どうしても女性の検査と比べると難しくなってしまう現状があります。パートナーの女性が産婦人科などでトリコモナス感染症の診断を受けたときには、男性はご自身の検査の陽性・陰性にかかわらず、治療を受けることをおすすめします。

潜伏期間

感染してから1~3週間で症状が現れます。

検査内容

尿検査にて判断します。

治療

フラジール内服薬によって治療を行います。

尖圭コンジローマ

症状

尖圭コンジローマ 症状

性器・肛門周りに先のとがった1~3ミリ程度のイボが生じ、次第に増殖していきます。集まるとカリフラワーのような形状を呈します。それ以外の症状はほとんど見られませんが、かゆみを伴うことがあるようです。

病気の特徴

ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によって発現する、イボのことです。進行するとそのイボが集まりカリフラワー状になるという特徴を持ちます。
膣性交のほか、アナルセックス、素股行為でも感染します。オーラルセックス(フェラチオ・クンニリングス)での感染の可能性は低いでしょうが、絶対にないとは言い切れません。

潜伏期間

感染してから発症するまで3週間~8カ月と、潜伏期間に差があります。

検査内容

医師による視診で判断できます。

治療

一般的には、軟膏の塗布、凍結(ドライアイスによる)のほか、レーザーや電気メスでの切除での治療となります。
※当院では、尖圭コンジローマの診断は行っておりますが、治療においては、信頼のおける皮膚科をご紹介し、より専門的な治療を受けていただいております。

まずはお気軽にご相談ください

性病のことでお困りでしたら、大阪市の石川泌尿器科にご相談下さい。
的確な検査・正確な診断・適切な治療を行います。

pagetop