淋菌感染症

症状

  • 淋菌性尿道炎

    淋菌が男性器に感染すると、排尿時の強い痛み、尿道口からの膿の排出を伴います。性器に感染している方の内、1~3割には淋菌性咽頭炎も見られます。

  • 淋菌性咽頭炎

    オーラルセックスなどで喉に淋菌が感染することがありますが、ほとんど症状がありません。

病気の特徴

病気の特徴

淋菌と呼ばれる病原体が感染すると、検査により淋菌感染症(淋病)と診断されます。
膣性交のほか、オーラルセックス(フェラチオ・クンニリングス)、アナルセックス、素股行為でも感染します。喉に感染した場合には症状がほとんど現れないため、長期間気づかずに生活し、その結果多くの感染者を出す可能性があります。
淋菌感染症は、性的接触のほか、産道を介した母子感染も見られます。また、淋菌感染症がHIV感染リスクを高めるという報告もなされています。

潜伏期間

性器:感染から2~10日
咽頭:長期間発症しません。感染したまま、ずっと発症しないこともあります。

検査内容

尿検査、うがいの検査を行います。

治療

主に抗生物質の内服・注射で治療を行います。
※抗生物質の点滴投与が、第一選択の治療方法ですが、患者様によっては副作用のリスクもあるため、当院では内服での治療も行っています。

まずはお気軽にご相談ください

性病のことでお困りでしたら、大阪市の石川泌尿器科にご相談下さい。
的確な検査・正確な診断・適切な治療を行います。

pagetop