性器ヘルペスについて

性器ヘルペス

症状

性器ヘルペス 症状

潜伏期間の後、小さな水ぶくれのような症状が、性器・肛門周辺に生じます。水ぶくれはすぐに破れ、びらん(ただれ)となります。激しい痛みを伴い、歩行困難に陥るケースも見られます。
その他の症状としては、発熱、脚のつけ根のリンパ節の腫れなどが挙げられます。

病気の特徴

単純ヘルペスウイルスへの感染・発症によって生じます。
膣性交のほか、オーラルセックス(フェラチオ・クンニリングス)、アナルセックス、素股行為でも感染します。
一度感染すると、ウイルスが死滅することはなく、抗ウイルス剤で症状を抑えることはできますが、ウイルスは神経節で生き続けます。それゆえ、再発しやすい性感染症です。
口にできるヘルペスと同様、基本的に症状が現れたときだけ検査・治療が必要です。

潜伏期間

感染から2~10日程度で発症します。

検査内容

視診により容易に判断することができます。

治療

抗ウイルス剤の内服により、治療を行います。
症状が現れなければ、検査・治療は行う必要はありません。

お電話での診療予約を開始お電話での診療予約を開始

        

まずはお気軽にご相談ください

性病のことでお困りでしたら、大阪市の石川泌尿器科にご相談下さい。
的確な検査・正確な診断・適切な治療を行います。

pagetop