院長紹介

院長ご挨拶

医師の宣材写真

こんにちは。石川泌尿器科院長の、石川泰章です。
1997年に当院を開業して以来、この鶴橋の地でさまざまな患者様を診療してまいりました。
ご来院くださった多くの方が、「やっとの想いで相談に来られた」と言われます。その度に私は、泌尿器科や産婦人科、特に性感染症での受診が未だ患者様にとって「特別なこと」なのだと実感します。
インターネットの発達で、性感染症にまつわる情報が簡単に手に入るようになりました。ただそこには、誤った情報も含まれています。さらにもっと言えば、たとえ医学論文に掲載されている情報であっても、世の中の患者様全員に当てはまる答えは一つではありません。
本当に患者様に合った検査、治療は、たくさんの臨床経験から得られるものです。これまでの臨床経験を生かしつつも、画一的な治療にこだわるのではなく、ご来院された患者様一人ひとりにとってのベストの診療ができるよう、これからも取り組んでいきます。
もしかして、と心配になったときには、気軽にご相談ください。悩んでいる日々を、気持ちよく過ごせる日々に変えていきましょう。

石川泌尿器科院長 石川 泰章

経歴

昭和36年 大阪市東成区出身
昭和61年 近畿大学医学部卒業
昭和61~63年 近畿大学医学部附属病院で研修。市立貝塚病院、済生会富田林病院、市立堺病院泌尿器科勤務
平成7年 近畿大学医学部講師
平成9年 石川泌尿器科開院

資格

  • 医学博士
  • 日本泌尿器科学会 専門医
  • 日本性感染症学会 認定医
  • 近畿大学医学部非常勤講師

専門領域

性感染症、勃起障害

女性の性感染症の治療について

当院は泌尿器科です。性器に多くの症状が現れる女性の性感染症は、産婦人科の受診をおすすめしております。

論文

        

まずはお気軽にご相談ください

性病のことでお困りでしたら、大阪市の石川泌尿器科にご相談下さい。
的確な検査・正確な診断・適切な治療を行います。

pagetop