尖圭コンジローマについて

尖圭コンジローマ

症状

股間を抑えている男性

性器・肛門周りに先のとがった1~3ミリ程度のイボが生じ、次第に増殖していきます。集まるとカリフラワーのような形状を呈します。それ以外の症状はほとんど見られませんが、かゆみを伴うことがあるようです。

病気の特徴

ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によって発現する、イボのことです。進行するとそのイボが集まりカリフラワー状になるという特徴を持ちます。
膣性交のほか、アナルセックス、素股行為でも感染します。オーラルセックス(フェラチオ・クンニリングス)での感染の可能性は低いでしょうが、絶対にないとは言い切れません。

潜伏期間

感染してから発症するまで3週間~8カ月と、潜伏期間に差があります。

検査内容

医師による視診で判断できます。

治療

一般的には、軟膏の塗布、凍結(ドライアイスによる)のほか、レーザーや電気メスでの切除での治療となります。
※当院では、尖圭コンジローマの診断は行っておりますが、治療においては、信頼のおける皮膚科をご紹介し、より専門的な治療を受けていただいております。

        

まずはお気軽にご相談ください

性病のことでお困りでしたら、大阪市の石川泌尿器科にご相談下さい。
的確な検査・正確な診断・適切な治療を行います。

pagetop